ビサ・その他注意事項 | 渡米までの手順

ホーム > 渡米までの手順 > ビサ・その他注意事項

 ビサ・その他注意事項

カウンセリング・目標設定・学校選択・滞在期間決定後、入学手続きに入ります。短期留学(3ヶ月以内)はビザの申請は不要ですが、3ヶ月以上の留学予定・短期でも週18時間以上のコースを選択した場合もアメリカ大使館へ学生ビザの申請が必要です。Just Agency は留学の手順を随時確認し、必要な手続をスムーズに進めていくお手伝いをいたします。

ビザ取得の必要事項

  • 滞在期間3ヶ月以上・授業時間週18時間以上の留学にはアメリカ大使館への学生ビザ(I-20)の申請が必要です。
  • I-20 発行に必要な学校の入学申込用紙記入はJUSTが代行でサービスいたします。
  • 入学申請時に、申込費用・英文の残高証明書・高校・大学の正式な成績証明書・滞在期間+6ヶ月以上期限があるパスポートのコピーが必要です。提出後郵送で自宅に入学許可書I-20が送られてきます。
  • アメリカ大使館へのビザ申請時にパスポート・ I-20・写真を用意してください。申請は本人のみ可能です。
    • 写真1枚 50mmx50mm 背景白を用意してください。
    • 短期留学でも週18時間以上のコースに参加する場合は学生ビザ(F-1)が必要となります。
    • ビザ申請料$100は面接までに大使館(総領事館)指定口座に日本円で振り込んで下さい。
    • ビザ申請用紙は、http://evisaforms.state.gov インターネットのオンラインシステムが便利です。
    • 他、管轄区域の大使館(総領事館)で直接用紙を入手、または郵送で取り寄せる方法もあります。ビザ取得に関して、詳しくは 在日米国大使館のホームページ でご確認ください。

学生ビザ申請について注意事項

  • 入学希望校からI-20 を受領後、記入ミス・漏れ・日付を必ず確認してください。
  • 学生ビザ申込後、インタビューがあります。通常インタビューは数分で終わります。以下質問例です。
  • ☆なぜこの学校を選んだのですか ☆何を勉強するのですか ☆どんな資格を希望ですか などです

面接他注意事項

  • 学生ビザの取得はあくまでも留学が目的です。US大使館では『日本に帰ってきたら何をするの』と聞かれます。絶対に仕事を探す目的ではなく日本に帰って仕事をするのに役立てるためと意思を面接官に伝えます。
  • 面接の際言ってはいけない用語は「留学が終わったらアメリカで働きたい」「アメリカで生活したいです」などアメリカに残る意思が感じられる発言は避けてください。「留学が終わったら即、日本へ帰ります」と答えてください。
  • 入国時に観光ビザで入国すると学生ビザへの変更はできません。
  • 面接は授業開始予定の2ヶ月~3ヶ月前に余裕を持って申し込みをして下さい。
  • 行きの飛行機内で I-94フォーム(入国・出国記録)に必ず記入して下さい。

ご質問やご不明な点がある方は、お問い合わせ 下さい。